様々な職種

ヘッドハンティングをされた時の対処法|判断基準を知る

工事の代理人です

メンズ

施工管理をおこなう現場代理人は、工事全体の状況を把握してなければなりません。そして、部下に適切な指示を与えて、少しでも早く工事を完成させます。資格の面では施工管理技士の資格を持っていると有利です。例え自分の会社が倒産しても他の会社の求人に応募して、自分をアピールしましょう。

仕事内容と必要なスキル

作業員

施工管理は、工事現場において工事が予定通りに安全に完了できるよう管理するのが仕事です。仕事の内容は多岐にわたります。中でも現場で働く人たちと上手にコミュニケーションを取れることが求められるので、採用されるためには明朗で対応力の高い人間力をアピールすることが大切です。

逆指名も可能な転職

HUMANRESOURCES

出会いをきっかけに転職

インターネットで情報を簡単に検索できる時代になり、SNSにご自身の情報を数多く発信している人も少なくないでしょう。そのためインターネット上からヘッドハンティングを受けるケースも多くなり、SNSのメッセージを通して仕事に関するメッセージを受け取る事があるかもしれません。これはヘッドハンティングの新たな形であり、メッセージを受け取った場合まずはヘッドハンティングに関する話から聞いてみると良いでしょう。ヘッドハンティングによる転職をイメージしたときに、今よりも収入が上がり、ステップアップが保障されると考える人も少なくありませんが、実際は面接を経てその選考結果により各種雇用条件が決定されます。そのため必ず収入が上がると言うわけではありませんが、大きく収入を上げた人も数多く存在しています。ヘッドハンティングを受けること自体、あなたの評判をどこかから聞きつけ、ハンターがハンティングするには必ず何か理由があると考えても良いでしょう。しかし実際にヘッドハンティングをされた際に紹介された企業や職種に興味を持てなかった場合、逆にご自身からヘッドハンターへ希望とする仕事や職種を提案してみるのも良いでしょう。そうするとヘッドハンターが保有する求人の中から、あなたにマッチングした仕事を別途紹介してくれるケースがあります。声をかけられたことを1つの機会ととらえ、転職を今すぐ考えていなくても、1つのチャンスと考え良い機会に変えてみるのも良いかもしれません。

家賃が安くてお得

メンズ

寮付きの求人はとてもお得です。家賃が安く、中には食事付きのところもあるからです。安い住まいを探している人には一石二鳥と言えます。ただし、条件があるので確認しておきましょう。独身女性は入居できないところもあります。