仕事を探す

ヘッドハンティングをされた時の対処法|判断基準を知る

  1. ホーム
  2. 工事の代理人です

工事の代理人です

メンズ

資格が必要です

一般的に施工管理とは、工事の進捗状況である工程を管理する事がメインです。あとは工作物が規定の性能を有しているか確認する事です。もして重機の手配や人員の確保も大切な仕事です。建設業界で求人として求めているのは、現場代理人を任せられる人物です。もちろん、一般求人で特に資格などが必要無い作業員も募集するでしょう。ただ、1級でも2級でも施工管理技士の資格を持っている事で、工事の規模に応じて現場代理人になることが可能です。あた、施工管理現場の経験年数がものを言うので、本で知識だけ身につけるよりも、いろいろな現場に携わる事が重要でしょう。建設業界での求人を探している人は、施工管理技士の資格修得のための勉強をしながら、建設現場で正社員じゃないバイトでも、実際にみて覚える事が重要でしょう。建設現場は同じような工事でも、現場によって予期しないトラブル等が発生するので、多くの現場で経験を積むことは大切です。また、多くの経験があれば、会社が倒産して、他の会社の求人に応募しなければならなくなっても、資格と経験年数で優遇されやすいです。未知の世界から、建設業界に飛びこむ場合は専門用語が多いので、覚える言葉が多くて大変です。見た事のない資材なども目にすると思うので、ひとつひとつ勉強していくことです。もし大きな現場での代理人などをやりたいと考えている人は、1級土木施工管理技士の資格取得を第一に目指すと良いでしょう。近年は、専門の求人サイトもあるので、利用することでスムーズに面接を組む事ができるでしょう。